« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

さよなら ・・・・・・

さよならって言いたいけど
さよならと言って ドアを閉めたいけど

本当はすごく 寂しい
でも わたしの存在を消すことによって
あなたに穏やかな時間が訪れるのなら
勇気を持って歩まなければ・・・・

いままでも ひとりで歩くことは平気だった

なので ちょっと深呼吸して
いち・にの・さん で飛び出せたなら

でも それが いまできない

新しいスタートを切ることに
まだ ためらいを感じています

あ~ なにも考えずに歩むことができたら

| トラックバック (0)

いま感じる風を

素直に心に受け入れて

生きて行きたい

| トラックバック (0)

甘えたい夜

甘えさせて
あなたの傍にいたいの
いいでしょ

一緒に真夜中の海を見てたいの

一緒にぬくもりを感じあいたいの

傍にいさせて
今夜は甘えたいの
一緒に真夜中の海を見てたいの

| トラックバック (0)

ね! いまどこにいるの?


ね! いまどこにいるの?
そこには落ちてないよ
たぶん そっちにもないと思う
あたたかくしているから
あなたの好きなシチューを作って待ってるから

ね! いまどこにいるの?
あなたの探しているもの
それはあなたが拒絶したものじゃないの?
拒絶しながらも探しているなんて

いつでもあなたが帰れるように
鍵をかけないで待ってるね

笑顔で待ってるね

ね! いまどこにいるの?
あなたの探しているもの
ここに 
ここにあるよ

| トラックバック (0)

憧れだった人へ

ゆっくりゆっくり
語り合いたかった

ゆっくりゆっくり
お互いを知り合いたかった

ゆっくりゆっくり
愛を深めていきたかった

想い出の人
憧れの人

嫌われてしまったあの日
孤独になってしまった

嫌われてしまったあの夜
毎日涙に暮れていた

綺麗にきらめく星を見ながら
「わたしの命の炎よ
どうか消えてください」
そんなことを願うようになってしまった

憧れだった人
もっとゆっくりあなたのことを
知っていきたかった

もう逢う事のない人
さようなら

| トラックバック (0)

純粋なココロ

純粋なココロが恋しい

| トラックバック (0)

綺麗な言葉

綺麗な言葉が流れてきた
空の上から流れてきた

人々のココロを捉えてしまった

綺麗な言葉は 強い力を持っている
悲しい人の涙を止めてしまった
綺麗な言葉を囁く人に もっと近づきたいと思った

綺麗な言葉は 甘い香りがする
甘い香りは 疲れたココロを癒してくれる
いつしかうっとりしてしまう

綺麗な言葉 それは 魔法の言葉
魔法がとけたら リアルな現実が待ち構えている

| コメント (0) | トラックバック (0)

嘘つき

電話口で告白された
とても ウレシイ

「わたしも スキ」と言いかけたけれど
「ごめん」 告げてた

強い愛を求めているのに
嘘付いている
本当は あなたの胸に 抱きつきたい

いつからか住みつく
もうひとりの わたし
正直になりたい
涙がこぼれる

伝えたい
伝わらない
正直に なりたい

| トラックバック (0)

癒しの夜

Photo_7

いまひとりパソコンの前でのんびりしています^^
(ひとりの夜って基本、好きです^^)
窓の外から見える夜景は、シーンと静まり返っています。

~~~そういえば、まだ夕食を食べてなかったです><

最近食欲がなくなってしまって、、、、食べてなかったこと自体忘れてました~~~(ダメダネ^^;)

これからなにを食べようかな~?ってもう23時過ぎなので、なにか消化の良いものを軽く食べておやすみしよう^^

(上の写真はわたしの寝室に置いてあるアロマライトです。

最近、このアロマライトに癒されっぱなしです^^)

| トラックバック (0)

大切な人

大切なひと
大好きなひと

同じ空の下で生きている あなた

元気ですか?

同じ時間を共有できなくても
ぬくもりを感じ合えなくても

輝く星にあなたの 幸せを祈ることができる

| トラックバック (0)

広い空が続く限り

独り
独り
黒い雲を眺める

見えない
見えない
未来に続く道

幾ら叫んでも
決して届かない明日

それでも大きな声で叫び続けた
流れる涙を風に飛ばし

歩み出したい
歩み出したい
最初は 恐る 恐るでも 

この広い空が続く限り
歩み続けたい

| コメント (2) | トラックバック (0)

優しく微笑む星

無機質に流れていく毎日

心からの笑顔も無くしてしまった

悲しみに 打ちのめされ 

心を 閉ざしてしまい

すべてを 拒否してた

そんなわたしに

星空が輝く

優しく微笑む星を見てると

沈む心が穏やかになっていく

| トラックバック (0)

愛が欲しかった

Photo_2

愛が欲しかった
愛が欲しかった

小さなハート
傷付けば
傷付くほど

誰かに抱き締められたかった
誰かのぬくもりを感じたかった

愛が欲しかった
どんなに小さくてもいい
どんなに儚くてもいい

ただ

わたしを取り囲む氷の壁を
少し融かしてくれるだけの
温かな愛が欲しかった

小さなハート
今にも砕け散ってしまいそうなくらい
弱くて 小さなハートを
あなたの温かなぬくもりで
包んで欲しかった 

後記:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

昨日喫茶店でふと浮かんだ詩です。
いつも暗い詩ばかりで~~~^^;

| トラックバック (0)

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »