« 感謝の心 | トップページ | 本当は »

空虚な夜の叫び

寂しさ紛らわすため
夜の街を
彷徨った

優しく微笑む
羊の仮面を付けた
餓えた狼が近づく

いっそ
偽りの愛に
身を委ねるのも
~悪くないかも

でも
そんなことをしても
心に歓びが満ちるどころか
深い深い傷が増すばかり

敢て
自分から
自分の身を滅ぼしたくはない

心の中に積もる悲しみは
消えないけど

敢て
自暴自棄になって
偽りの愛に
身を委ねたくはない

« 感謝の心 | トップページ | 本当は »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544364/47387955

この記事へのトラックバック一覧です: 空虚な夜の叫び:

« 感謝の心 | トップページ | 本当は »