« 福島沿岸部(いわき)(東日本大震災Ⅱ) | トップページ | 泣いてもいいですか? »

風評被害に涙流す人々(東日本大震災Ⅰ)

多数の尊い命を奪っていった地震と津波。

毎日のように被害の状況を伝えているマスメディア。

それらを見ながら、ふと感じました。同じ被害を被りながらも「原発事故」しか流れない県があることに、、、。

それは「福島県」です。

聞くところによると、福島の被災地には物資がほとんど届いていないとか・・・・・・

放射能の恐怖ゆえにトラックが郡山までしか行かないと言うことで、物資もそこで降ろされてしまい、後は被災者の方々が車で取りに行くということらしいです。いわきに入るだけで放射能に汚染されるとか、真実が歪曲されてしまい、そんな風評被害に涙を流す人々がいるわけですが、、、本当にいわきはじめ沿岸部の地域は危険なのか? もし危険ならばどこまでが危険地域なのか? もう少しはっきりとできないものなのか。。。 ただ、報道で騒いでいる地域の中にも、懸命に生きている人々がいるのも事実であって、そんな人々の悲しみの涙が報われればと思っています。

~~~なんて、美辞麗句みたいな文を延々書いているわけですが、・・・。  (う~~~ん、もっと違うこともいっぱい書きたいけど、、、言葉が出てこない。)この度わたしは、福島の被災地に行ってきました。わたしが行ったところは、お店もほとんど開いてなく夜になると真っ黒になり、ここに住んでいる人々はすごく不安なんだろう~って思ってしまいました。やっと一件開いていたコンビニに入ってみると、おにぎりと数種類のおやつとほんの少しの飲み物&雑誌があるだけ。人々の笑顔なんて皆無だった。テレビでは笑顔で「頑張っていこう」って述べている被災者の方々。でも、日々の生活を見ると、、、、笑顔は消えているし、明日は明後日は未来はどうなっていくのだろうと不安で心 悩ませていると思います。  後記:(続くブログ福島沿岸部(いわき)四倉海岸小名浜方面へ!海の近くに・・・ひと気のない街並み生まれた地でもう一度 には被災地の現状を撮った写真が掲載されています。もし良かったら見てください。)

 

« 福島沿岸部(いわき)(東日本大震災Ⅱ) | トップページ | 泣いてもいいですか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544364/51269655

この記事へのトラックバック一覧です: 風評被害に涙流す人々(東日本大震災Ⅰ):

« 福島沿岸部(いわき)(東日本大震災Ⅱ) | トップページ | 泣いてもいいですか? »