« 震災一ヶ月(今も余震が) | トップページ | 牛(このままいくと餓死してしまう) »

明け行く空の果て

疲れた身体を
ベッドに沈めながら
星を見るのが好き

星のきらめきが
優しく 微笑みかける

その微笑を見ていると
心 穏やかになっていく

そしていつしか
深い夢の世界へと
誘われていく

それはいつものこと

でも
でも
どうしようもないくらい悲しい夜もある
どうしようもないくらい孤独な夜もある

そんな夜は
どんなに星が綺麗に微笑んでも
悲しみ色に包まれたまま

そんな夜は
そっと
心の扉を閉じて
明けて行く空を見ている

太陽が昇れば
きっと 笑顔になれるから

太陽が昇れば きっと

« 震災一ヶ月(今も余震が) | トップページ | 牛(このままいくと餓死してしまう) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544364/51403761

この記事へのトラックバック一覧です: 明け行く空の果て:

« 震災一ヶ月(今も余震が) | トップページ | 牛(このままいくと餓死してしまう) »