« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

お久しぶりです

お久しぶりです。
ここをお休みして一ヶ月が経ちました。
お休みしている間も、ここはずっと気になっていました。

この一ヶ月間は、ここにおいてもリアル生活においても、ゆっくりとする時間を設けて過ごしていました。(実はドクターに「無理しちゃダメよ」と口を酸っぱく言われていたもので、純粋にゆっくりと休んでいました。でも実際問題、無理するしない以前に、何もする気が起きませんでした。(← 今も)(今は、次の戦いのためにも、心も体もゆっくりと休養せねば^^;)

正直、手術が終わってやっと、治療のスタート地点に立てた感じがします。
今回の入院時に私を診てくれたドクターたちは、A准教授グループ率いる5名のドクターがお世話してくれました。
この5名の中でもいつも私の傍にいてくれた女医のTさんには、本当に色々とお世話になりっぱなしでした。(私のくだらない質問にも真剣に答えてくださり、T女医には感謝感謝です。)

このAグループには、これからもずっとお世話になりそうです。(グループを統率しているA准教授は、緩和医療にも秀でている人です。そんな痛みを知っているドクターが、私の痛みを理解してくれたときは嬉しかったです。以前の病院では、痛みをあまり理解してもらえなくって~~いつも心で泣いていました;;)

長くなりそうなので、いったんここでブログを終わりにします。

| トラックバック (0)

お久しぶりです 続き・・・

それにしても病院内では、色々な方々と接しました。
私の入院している病院は、他の病院では対処しきれない患者さんが廻されてきて(私もその一人でしたcoldsweats01)治療していたり、困難な病気を抱えた方もたくさん見受けられます。
そんな普段、外来では接することのできない方々とも、たくさん会話することができました。

患者さん 「辛そうだね
私 「はい。」

入院中、こんな感じで患者さん同士の会話が始まっていました^^(苦しみを共有できるのは意外と心地好いものなんだ~って、入院中ひしと感じました

特に私の病室の近くには癌患者さんがたくさんおられて、、、でも、う~~ん、大変な病気なのに、みんな「元気(?)」なんです。
そんな一生懸命に生きている人々と、接することができたのは長い人生の中でも貴重な一こまだったように感じます。

「今を生きる!」生きていることのできる今を感謝かな~^^
そして、ここを訪問してくださる方々にも感謝しています。
(コメ欄いつも拝見していました。みなさんの言葉、素直に嬉しかったです。)

そして最後に、私を支えてくれている母親にも感謝です。
有難うお母さんconfident

尚: 病名はまだ伏せさせてくださいね。いずれ~~~いつか~~~話さなくては! でも、今は話せないです。ごめんなさい o(_ _)o
 

| トラックバック (0)

限界

ダレカ ココロヲ ツカマエテクダサイ
悲しみの捨て方が解かりません

ダレカ ココロヲ ダキシメテクダサイ
心の悲鳴が私を支配している

心の悲鳴が もう 限界だと
叫んでいる

これからしばらくの間、ここに掲載する詩は、治療中に(入院中)綴った詩が多くなるために、暗い(重い)内容の詩ばかりになるかと思います。(もし、暗い詩は見たくない! と言う方は、スルーしてくださいね。~~個人的には明るい詩も綴っていけるようになれたらと思っていますが、、、いつになることやら。。。>< ふ~~><)

| トラックバック (0)

« 2011年4月24日 - 2011年4月30日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »