« 大丈夫だったでしょうか? | トップページ | ひとりBAR »

輝く月

月が雲に隠れた暗い道を
何処までも何処までも
当てもなく歩いた

ビルとビルの間を
泳ぐ様に流れる風が
凍て付いた心を尚も冷たくさせる

輝く月を探した
でも どこにも見当たらない
暗い道 寂しくなり
我慢していた涙が零れた

いつからなのか思い出せない
いつからなのか笑い方も忘れて
涙の数だけが増えてしまった

子供の頃 空を見て綺麗に思えてた
あの頃の気持ちをもう一度
この胸に培いたい 

疑う事なんてしなかった
目に見えるものは素直に
心の中に滲ませていき
輝いていた 

なのに今は
溜息交じりの毎日に溺れてしまった
でも もう一度心から笑いたい
たとえ暗い事実が消えなくとも
もう一度 輝く月を見つけたい

« 大丈夫だったでしょうか? | トップページ | ひとりBAR »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544364/57240015

この記事へのトラックバック一覧です: 輝く月:

« 大丈夫だったでしょうか? | トップページ | ひとりBAR »