« ブルーマウンテン | トップページ | 波の子守唄 »

捨て猫

暗闇へ誘われる前に
人々は愛する人のもとへ帰る
温かな場所へ帰る なのに

帰る場所を失い
一人取り残され
雑踏の中佇んでいる

肩と肩がぶつかり
怪訝そうな視線を
投げつけられ悲しくなる

何処へ何処へ行けば
安らぎの場所へ
辿り着けるのだろう

薄暗い街灯の下
みすぼらしく蹲る捨て猫
汚れた体をそっと抱いた

純白のブラウスに
力なくしがみ付く猫
温かなぬくもりに涙が滲む

愛なんていらない!
そんな言葉吐き捨てた
最後の夜 なのに

捨て猫の瞳を見ていたら
優しい心が芽生えてくる
枯れていた心に
愛の種が芽吹いてくる

« ブルーマウンテン | トップページ | 波の子守唄 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544364/57525069

この記事へのトラックバック一覧です: 捨て猫:

« ブルーマウンテン | トップページ | 波の子守唄 »